トイレの水漏れ時にパッキン交換を自分で行うには

水道 修理の中でも、比較的簡単な作業になり、素人でも無理なくこなせる作業が、パッキンの交換です。新しいパッキンに交換することで、水漏れが改善される場合も少なくありません。自力で解決したい方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

■給水管のパッキンを交換する

では、給水管のパッキンの交換方法についてですが、はじめにトイレの止水栓を閉めましょう。この時、小さめのバケツをアングル給水管の下に置くことをおすすめします。タンクに付いている給水管のナットを緩めて外すと、黒いゴムが見えてきますので、その黒いゴムを外し、新しいゴムを取り付けましょう。元通りにナットを締めれば、交換完了です。新しいパッキンに交換したのにも関わらず、数日経って水漏れが発生した場合は、交換作業が上手くいかなかった、もしくは、ほかの箇所からの水漏れを疑いましょう。


■定期的な交換で水漏れを防止

アングル給水管等のパッキンが劣化する理由についてですが、ゴムは消耗品であり、半永久的に使用できるものではありません。長い年月、継続して使用することでゴムのもつ特性、機能が徐々に失われ、自然と劣化してしまうのは、消耗品である以上仕方のないことです。
そのことによって起こるトラブルを未然に防止する方法は、ゴムが劣化する前に新しいものと交換することです。パッキンの交換ぐらいは自分でやりたいとの希望がある方は、パッキン交換の作業工程、ゴムパッキンが使われている箇所等を知識として知っておくことをおすすめします。



■まとめ
トイレの水漏れを修理する専門業者は、さまざまな種類の消耗品にすぐさま対応できるよう、交換用のパッキンを持ち歩いている業者も少なくありません。業者に水漏れ修理を依頼する時は、トイレのメーカー、品番、年式等を控え、その旨を伝えておくと、スムーズに修理が進みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ